三ノ宮駅から地下鉄に乗り換え、一駅で新神戸に着きました。そこから、ロープウェイ乗り場に向かいました。ホテルの後ろ側にある感じです。

ガーデンの入口に行くまでにショップや、各種クラスが行われている建物があり、買い物だけの人でも気軽にいけるようになっています。また、ハーブ目的ではなく、六甲の夜景を楽しむために、ロープウェイだけ利用というカップルも多くいました。

時間があったので、お香作りに挑戦しました。お香の元と思われる粉のようなものに水を入れ、さらにオイル(精油ではありません。ブレンドしたものと思われます)を加えて練り上げていきます。思った以上に力を入れて練らなければならず、時間はかかりました。他には石鹸やローション、クリーム作りなどありますが、同じ場所で、同時に行われています。(現在お香作りはやってないようです)


香りの資料館もハーブ園の外にあり、ハーブや香水のビン、水蒸気蒸留法の装置などの展示があり、他のハーブガーデンにはない嬉しい施設です。


ハーブガーデンは山の斜面に作られています。1番上の駅から、徒歩でハーブガーデンを下ると、中腹の駅に着きます。

ハイキングコースもあります。

中腹にはレストランやスパイス工房などがあり、なかなか面白いです。スパイス工房ではスパイスやスパイスの歴史などの展示があります。

グラスハウスの中には、色々な種類のゼラニウムなどがありました。そこではハーブクラフトや料理教室などが開催されています。

敷地の割には、ガーデン部分は限られているように見えますが、山の自然の植物もあり、見ごたえはあります。

中腹の駅の前には売店があり、そこでラベンダーのソフトクリームを食べましたが、色も薄く、味の方も薄く、ラベンダーらしさはほんのわずかでした。ラベンダーはスイートな風味のハーブではないので、味が濃いと食べにくくなる恐れもあるから、難しいのではないかと思います。

HP:神戸布引ハーブ園

住所:兵庫県神戸市中央区北野町1-4-3

入場料:1400円(ハーブ園の入場料ではなく、ロープウェイの往復料金です。片道料金もあります)