金山駅から出ているワイルドフラワーガーデン行きのバスで向かいました。バスでだいたい30分くらいです。

名古屋港から水上バスも出ていますが、エンジンの調子が悪く、私が行った日は欠航でした。

広い駐車場があるため、車があると便利です。

みやげ物店は入口手前にあり、買い物だけに行くことも可能です。レストランは入場してからの入店になります。

ハーブのスペースは広い敷地のなかの一部でしかないのですが、色々なガーデンを楽しむことはできます。

22のガーデンがあり、有名アーティストによるガーデンもあります。

見ていて飽きることはありません。自宅に庭がある方は参考になるかもしれません。

土壌加温フラワーガーデンでは、発電所から出る温排水を利用した研究をするといった試みがあるのも興味深いです。

ハーブを楽しむなら、他のガーデンでも同様ですが、春、カモミール~ラベンダーの時期が一番です。

夏だと暑すぎて枯れている場合があり、春のほうが花が元気あるように思います。

日時限定ですが、アロマの教室など開講しています。貸切パーティやウェディングも可能です。

HP:ワイルドフラワーガーデン ブルーボネット

住所:名古屋市港区潮見町42番地

入園料:300円